秋葉原の無差別殺人事件との共通点

想像力の欠如というか、人の命を軽く考えていると言うか・・・非常に理解に苦しむ事件です。
 大阪市浪速区で1日未明、個室ビデオ店から出火して15人が死亡、10人が重軽傷を負った火災で、大阪府警浪速署捜査本部は1日、東大阪市加納7、無職、小川和弘容疑者(46)を殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。「生きていくのが嫌になった。間違いありません」と容疑を認めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000016-maip-soci

何の罪もない、15人もの人の命をうばってしまったという現実をどうとらえているのでしょうか?

ふと、秋葉原の無差別殺人事件を思い出しました。
両事件は容疑者の年代こそ違いますが、何か現実離れしていて、冷たい、人間性の問題のようなものに共通点を感じました。
犬との暮らし

コメント -件 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。