文芸社より本を出版するメリット

自費出版ということが一般に知れるようになって、
本を出すということは「自費出版ならだれだも出せるでしょ」というイメージがある。
でも、ただ自費出版して、知り合いに本を配るというんじゃなくて、どうせなら、メリットのある自費出版にするほうがいいんじゃないかと思います。

たとえば、文芸社なら、原稿を送るだけでプロのスタッフから感想文が届きます。これはある意味、プロの作家さんたちもやっている、編集や推敲という作業でもあります。自分の力のみではなく、プロからの客観的な意見をきければ、よりよい作品ができるチャンスをもらえるようなものですよね。

また、出版すれば、全国の有力書店300店舗に必ず本が並びます。さらには、「紀伊国屋書店」と「文教堂書店」にて1年間常備陳列スタート
これはとっても魅力です。
本が並べば、それだけ多くの人の目に触れるチャンスがあるということです。
どこで誰が気に入ってくれるかもしれません。それこそが本を出版する最大の楽しみでもあるのではないでしょうか。

犬との暮らし

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ