自己破産の間違った解釈

昔の下世話なテレビドラマとかがいけなかったんじゃないかとも思うのですが(笑)
自己破産したらもう終わり」だと思っている人は多いでしょう。
なんといってもネーミングが強烈過ぎます。自ら、おのれ、爆破、さんざん、さいせいふのう・・・なんか壊滅的なイメージがあります。

そこで、自己破産についてちょっと調べてみました。すると、自己破産しても、仕事を失うわけではないし、周りのすべての人に後ろ指指されるわけでもないし、決定的な烙印を押されるわけでもないようです。
知らないって怖いです。思い込みって怖いですね。

私は今までに実際に自己破産をした人を知りません。でも、自己破産している人はたくさんいると思います。つまり、人に知れる心配もその程度と言えるのではないでしょうか?

だからといってむやみに借金を重ねるのは良くないことですが、絶望することもないと思います。精神的に参ってしまったり、自暴自棄になってしまう前に、前向きに解決しようという気持ちで方向を変えること、そのひとつとして自己破産という手段があるのだと思いました。

犬との暮らし

コメント -件 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。