進化し続けるウイルスバスター

先日メールチェックをした際に恐ろしい体験をした。
MAILDAMON~とか、postmaste~という英語のスパムメールが1分間に数十通。
見る見るうちに受信トレイにメールがたまっていく様子はまさに悪夢でした。

パソコンハードについてはあまり詳しくないため会社の上司に助けを求めたところ、対処してもらえましたが、これが家のパソコンだったらどうしたらよかったのだろう・・・と改めてセキュリティソフトの大切さを実感しました。

そんな時ちょうど、ウイルスバスター2009が9月10日に新発売ということで、無料体験版がリリースされていたのでじっくりと見てみました。
トレンドマイクロ・オンラインショップ

ウイルスバスター2009の主な特徴は4つ。
●「Trendツールバー」「キー入力暗号化」「Trendプロテクト」「Wi-Fiアドバイザ」の新機能
●有害サイト規制
●強化された迷惑メール対策
●見やすくなったセキュリティレポート

セキュリティソフトというのは性能が分かりにくい。なぜなら、何も起こらない状態を作るためのものだからだ。それに、通信技術の細かいことは素人にとっては分かりにくい。
一通りサイトを読んでみたけれど、機能のよさを100%理解できたわけじゃない。でも、説明を見る限り、旧バージョンからレベルアップしている様子や、IT系のニュースなどで見る用語のことが書かれているのでなんとなくだけれど、新機能の様子が分かった。

こんな素人でも分かりやすいのは、その他の3つの特徴。
有害サイトの規制は、子供だけでなくても、アクセスしただけでなにか起こるような得体の知れないサイトもあるので、ついていると安心だ。

迷惑メール対策はもちろん。前述の通り、私がもっとも気にしていることの一つである。
スパムを送り出す者とのいたちごっことは聞くが、新機能で追いかけ続けて欲しい。

そして大事なのは、サクサク動くこと。
昔はウイルスチェックを一日中ガリガリやってて、今日は仕事にならなかったなんてことがあったきもするが、ウイルスバスター2009はそんなことはない。
「全画面サイレントモード」で動画を見ているときも邪魔をしないし、「クイックスキャン機能」もパワーアップして動作のサクサク感を追求しています。
「サクサク感」。これはセキュリティソフトにおいて外せない重要事項です。

いまどき、セキュリティソフトを何も入れていない人というのは少ないとは思いますが、あなたのセキュリティソフトはウイルスバスター2009のように、ちゃんとバージョンアップを続けているものでしょうか?
数年前のソフトなんかじゃ絶対にダメです。
これを機会に、ウイルスバスターのホームページにて最新機能を読んだり、無料体験版を試してみることをお勧めします。

トレンドマイクロ・オンラインショップ

リンクシェア レビュー・アフィリエイト 犬との暮らし

コメント -件 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。